TBK

ドイツ弁理士(Patentanwalt)とは、ドイツ特許商標庁(DPMA)及びドイツ連邦特許裁判所に対する手続きを代理できる代理人です。 ドイツ国内に住所又は事業拠点を有していない出願人は、ドイツ弁理士を代理人として選任する必要があります。工学又は自然科学の学位、 産業界又は大学での勤務経験、ドイツ知財実務経験、大学でのドイツ一般法(刑法を除く) の履修、資格試験の合格の条件をすべて充たす者がドイツ弁理士になれます。ドイツ弁理士は、 特許、意匠、商標等、知的財産権に係る業務を多岐に亘って行います。

ドイツ弁理士は、ドイツにおける知的財産権出願を代理して審査過程を管理するだけでなく、 異議申立や審判の過程で重要な役割を果たします。また、知的財産権の無効手続や知的財産権の訴訟も手掛けます。 さらに、知財法の知識及び実務経験に基づいて、発明、意匠、商標、ノウハウに関するコンサルティングやライセンス契約交渉、 鑑定業務等も行います

もっと詳しく知る お問い合わせ